ページ

2019年1月15日火曜日

1月のお出かけ情報④〜後半の伝統行事

1月後半の行事のご案内です。

◇1/16~1/18 13:00~ 法隆寺  夢殿修正会(堂外にて参拝可)
◇1/16 10:00~ 白毫寺 閻魔もうで

◇1/18 9:00~ 松尾寺 初観音
◇1/18 10:00~ 岡寺 初観音護摩供法要
◇1/18 壺阪寺 初観音
◇1/18 西大寺 初観音供
無形民俗文化財に指定されている。


◇1/20 おふさ観音 初えびす大祭

◇1/20 10:00~ 「天神社 篠原踊り」
室町時代より継承し狼退治及び豊作祈願奉納。県無形文化財
昨年より第3日曜日の開催となりました。
問合せ:五條市役所大塔支所(0747-36-0311)

◇1/21 西大寺 初大師法要
桓武天皇が文武百官を伴い、先帝光仁天皇の一周忌の斎を
大安寺で行った故事にちなむ行事です。

◇1/25 13:00~「天神社 惣谷狂言
室町時代より継承し狼退治及び豊作祈願奉納。県無形文化財
昨年より「篠原踊り」と同日開催ではなくなりました。
問合せ:五條市役所大塔支所(0747-36-0311)

◇1/26 10:00~ 
法隆寺金堂壁画焼損自粛法要
法要は関係者のみ。鏡池にて防火訓練、放水あり。

◇1/26 18:30~ 若草山の山焼き 
33ヘクタールの芝生の全山が火に包まれ
古都の夜空に浮かび上がるさまは壮観です。
※花火は18:15~
※雨天などで点火不能の場合は翌日28日に延期になります。
当日は交通規制もありますのでご注意下さい。
問合せ:奈良公園室(tel:0742-27-8677)
参考までに・・・
2011年 若草山山麓で見学したブログ過去記事  
2017年 奈良倶楽部から徒歩5分大仏池畔で見学の過去記事

◇1/26 13:00~18:00 春日大社 大とんど
小正月の伝統行事である「大とんど」を境内の飛火野で開催。
飛火野に火炉(5m×2m、高さ2m)を設置し、
古いお札やお守り注連縄飾りなどを焚き上げます。
当日の会場への直接の持ち込みも可能。
事前に市観光協会にて募集したボランティアにより、
ダイオキシンが発生しないようお守りなどからビニールを除去する
分別作業を行い、環境にも配慮した大とんどにしています。
雨天の場合は翌日10:00~14:00に順延。

◇1/26・1/27「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり
1/26(土)11:00~19:00
1/27(日)11:00~18:00
会場:平城宮跡歴史公園朱雀門広場
入場無料(一部有料企画イベントあり)

◇1/28 13:00~16:00 十輪院 新春初護摩大祈祷

2019年1月14日月曜日

保山耕一さんの美しい奈良の映像

今月1/26(土)と1/27(日)の両日、映像作家の保山耕一さんの美しい奈良の映像をご覧いただける機会がありますので、ご案内します。

◇1/26(土)13:30~ 「水木十五堂賞・授賞式」での
記念講演会・座談会・ピアノ演奏とのコラボ上映会
会場:大和郡山城ホール
参加無料 / 要申込み
申込先:水木十五堂賞運営協議会事務局 (大和郡山市企画政策課内)へ
電話 0743-53-1160(直通) ・FAX 0743-53-1049
メール mizuki@city.yamatokoriyama.lg.jp
〒・住所・氏名・電話番号・参加人数(3名まで)をお知らせください。
チケットが送られてきます。
内容:
作品上映では、すみかおりさん、野上朝生さん、池口由起子さん、氷置晋さんとの生演奏のコラボもあり。
座談会では、岡本彰夫先生、図書情報館の千田館長が登壇されます。
※水木十五堂については→
※保山さんが第7回水木十五堂賞に選ばれた理由など→

◇1/27(日)16:00~17:30
トークショー&上映会「平城宮の祈り」
会場:平城宮跡「天平みはらし館」
内容:奈良の美しい情景を撮影し続ける映像作家の保山耕一氏と、大立山まつり実行委員会会長の石川重元・海龍王寺住職が、平城宮について語り合います。胸に迫る抒情的な映像を大きなスクリーンでご鑑賞ください。
※このトークショー&上映会は無料です。
※当日27日 朝11時〜 総合案内所にて整理券を配布します。

保山耕一さんの「奈良、時の雫」はこちら→

2019年1月13日日曜日

「奈良公園バスターミナル」内覧会*

県庁東隣で建設中のバスターミナルが「奈良公園バスターミナル」として、いよいよこの春4月13日に運営開始となります。
まだ整備中ながら、施設建物が完成して、その内覧会がありました。
内装はまだこれからのようですが、木の香りがふんだんにする奈良らしい建物ができあがっています。
内覧会では、西棟から入って2階へ上がり、ブリッジを通って東棟へ。
ブリッジから見た、バスの乗降場はまだ工事中。
(写真の向かって左が西棟、右側が東棟です。)
まずは東棟北側にあるレクチャーホールで説明を受けました。
300席収容のこのホールは東向きにつくられていて、ガイダンスが終わって、奈良の映像が上映されていたスクリーンが上がると、外の風景が一望できる全面ガラス張り。東側の「みどりゐ池」の辺りが一幅の絵のように浮かびあがりました。
写真を撮り忘れましたが、吉野杉を使った座席のデザインも美しく、このホールはこれから多彩なイベントに使われるということです。
その後、自由に施設内を見学します。
東棟の1階・2階の展示室では、タブレットを使って奈良の魅力や歴史を紹介したり、奈良公園の歴史を学べる展示スペースや観光インフォメーションコーナーも設置されます。
東棟2階からの眺めもいいですね。
ここは、奈良九重桜や奈良八重桜が多く植えられているので、春先の眺めが楽しみです。
屋上からは、興福寺五重塔や高円山の大文字も見えましたが
何といっても若草山が一望できる眺めが最高!
屋上スペースはかなり広く、西棟からの方が、若草山の山焼きなどの全体を見渡せるかもしれませんね。早くも来年の山焼きが楽しみです。
その他に、休憩スペースや飲食・物販など店舗スペースもあり。
すでに入店するところは決まっているようでしたが。
::
さて、肝心のバスターミナルとしての機能ですが・・・
屋上ブリッジから眺めた、まだ整備中の乗降場のようすです。
ターミナルの南口(登大路側)↑から、バスが入って乗客を降ろし
ターミナル北側↑から出ていくという動線になっています。
そもそも奈良の観光シーズンの慢性的で深刻な交通渋滞について、これを緩和するための施設としてこのバスターミナルが機能されようとしています。
県営大仏殿前駐車場への駐車待ちの観光バスが道路を塞いで、他の車が通行できないという(例えば近鉄奈良駅から大仏殿に向かう東行きの車が全く動かないという)ような事態が、観光シーズン中は日常茶飯事でした。
県庁より東の奈良公園の奥まで観光バスが入らないように、このバスターミナルで乗客の乗り降りをしてもらって、空になったバスは、郊外の駐車場で待機という動線になっています。
交通コントロールセンターも施設内に設けられていますので、悲願の渋滞緩和がうまく機能しますようにと願っています。

2019年1月11日金曜日

1/13「祝ぐ寿ぐまつり」PRイベント@啓林堂

1/26(土)1/27(日)に平城宮跡で開催の「 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」のPRイベントが、1月13日17時から啓林堂書店奈良店で行われます!(入場無料)
祝ぐ寿ぐまつり実行委員メンバーが、見どころを存分に語るプレイベント、お時間ある方は是非お立ち寄りください。

そして「 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」で行われる講座やWSなどの事前有料企画の受付も会場で行われることになりました。
ネットでは申し込みにくい・・・という方は、13日17時からの啓林堂さんのイベントへ!その場で有料企画のお申し込み可能です!
PRイベント
「大立山まつり2019 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつりへ行こう!」
日時:1月13日(日)17時~
場所:啓林堂書店奈良店 2階
     奈良市西御門町1-1(TEL 0742-20-8001)
主な出席者(予定):
   海龍王寺  石川重元住職
   ほうせき箱 平井宗助さん
   フルコト・ことのまあかり 生駒あさみさん
   司会:倉橋みどりさん
入場無料
※席に限りがあります。立見可。

2019年1月10日木曜日

冬の朝シリーズ*その②

1/10 7:00am
素晴らしい朝焼けを見ました。
これは!と思って慌てて大仏池まで早歩き。
::
歩いている間に真っ赤な空がどんどん薄れていって
大仏池に着いた7分後にはやわらかな空の色が広がってました。
あのすごい真っ赤な空の色をカメラに収めなかったのが悔やまれるけれど、大好きな御蓋山と大仏殿を拝むことができてほっと一息。
大事を取って昨日の「嘉例の登拝」も取りやめたので、ここから遥拝。
朝のもぐもぐタイム。
「やっぱ、採れたての新鮮な葉っぱを食べなきゃ!」

2019年1月9日水曜日

「お水取り展鑑賞とお松明」2019ご案内

かぎろひさんのブログ「かぎろひNOW」に
奈良国立博物館特別支援会員「結の会」主催の「お水取り展鑑賞とお松明」についての概要がご案内されています。
今年は、岡本彰夫先生の講演「神と仏」と保山耕一さんの映像上映。
先着順で、毎年人気の講座です。気になる方は早い目のお申し込みを!
申込みは「かぎろひNOW」の右下のメールフォームから
ご住所・お名前・お電話番号を明記してお申し込み下さい。
●とき:平成31年3月1日(金)13:30開会(受付12:45~)
      ※奈良国立博物館新館正面入り口前にご集合ください。
      ※19:30に二月堂前にて現地解散いたします。
●ところ:①奈良国立博物館講堂・特別陳列会場・なら仏像館
     ②東大寺本坊大広間
     ③東大寺二月堂
●内容:①「神と仏」 講演:岡本彰夫氏(奈良県立大学客員教授)  
           映像上映:保山耕一氏(映像作家)
    ②特別陳列「お水取り展」及び「なら仏像館」鑑賞
    ③上野道善東大寺長老の講話とお食事
    ④お水取り行事(お松明)観賞
●会費:6000円(当日、受付でお支払いください)
※前年のお松明で使用した竹で製作した箸をお持ち帰りください。
 お楽しみ抽選会も予定。
※キャンセルされる場合は2月28日までにご連絡下さい。
 それ以降のキャンセルは3000円を申し受けます。
●定員:100人(先着順)
●締切:平成31年2月15日(金)

(画像は「かぎろひNOW」より拝借しました。)

2019年1月8日火曜日

冬の朝シリーズ*その①

久しぶりのブログ再開は、いつもの散策風景を・・・。
朝8時頃の講堂跡。ようやく体調も回復しつつあるので、リハビリ兼ねて少し歩いてみようと出かけました。
遠くに小枝のような細い角だけれど、切り落とされていない角鹿発見!
しばらく講堂跡に佇んで、もう少し歩こうかどうしようか・・・
大仏殿を眺めたり、空や地面や木の枝を見たり
 まだ本調子でないので、あまり無理はせず今日はここまでにしようと
戻りかけに、もぐもぐタイムの鹿さんたちに遭遇。
 パリパリの枯葉も朝露をたっぷり含むと軟らかく美味しくなるみたい
「冬の朝一番のご馳走よ」と教えてくれました。
::
ただいま奈良倶楽部はオフシーズン。
冬籠りを楽しみながら、できるだけ朝のお散歩に出かけることができればと思っていますので、タイトルを「冬の朝シリーズ*その・・・」としてみました。シリーズでお届けできればいいなと思っています。
::
・・・「講堂跡まで歩くのが精一杯って大丈夫ですか?」というご心配の声も聞こえてきますので、個人的なことですが・・・
風邪の熱が一段落した後に自宅でふらっと転倒してしまい、ただいま背中全面をぎしぎし痛めて動くのがちょっと辛いという状況です。レントゲンも撮って検査もして身体は大丈夫。仕事にも差し障りはないので、ゆっくりペースで春に助走を付けたいと思っています。

2019年1月5日土曜日

しばらくお休みをいただきます*

お正月の毎日新聞に載せていただいてから、たくさんの方が見に来てくださっているようでありがとうございます。
風邪ひとつ引かない元気なだけが取り柄でしたが、お正月休みに入った途端に溜まっていた疲れがでたのか体調を崩しております。
少し元気になったのですが、もうしばらく養生しようと思います。
そんな訳で、”日々更新” をうたっておりましたが、ブログもしばらくお休みをいただきます。また元気に再開できましたら、奈良の風景を見に来てくださいね。
写真は、1日に初詣に出かけて撮ったものです。
1枚目:手向山八幡宮鳥居より大仏殿中門を見て。
2枚目:二月堂飯道社裏手の紅梅。
3枚目:寶珠院の門松。

2019年1月4日金曜日

1月のお出かけ情報③〜前半の伝統行事

お正月を過ぎて1/7〜1/15の伝統行事や年中行事のご案内です。
今月は新年ならではの社寺伝統行事が多く行われますので3回に分けてご案内いたします。お出かけの参考にしていただければ幸いです。
◇1/7 11:00~/14:00~ 霊山寺 初弁天法会
◇1/7 13:00~ 東大寺大仏殿 修正会

◇1/8 11:00~ 信貴山朝護孫子寺 新年巳の日大法要
◇1/8 11:00~ 薬師寺 初薬師縁日・大般若経転読法要
 薬師悔過法要が東大寺一山出仕のもと営まれます。

◇1/8~1/10 長谷寺 仏名会 9:00~法要 /13:00~礼拝行
◇1/8~1/14 法隆寺  金堂修正会
 期間中の1/12から1/14の18:00の法要のみ参拝可(要事前申込)
◇1/10 長岳寺 節会
午前中檀家の皆さんの手によって大綱が編まれ
午後に山門前にて大綱掛け行事が行われます。

◇1/11 14:00頃~  明日香村栢森の綱掛神事

◇1/12 10:00~13:00 正暦寺 菩提酛清酒仕込

◇1/14 13:00~  春日大社「舞楽始式」林檎の庭

◇1/14   14:00頃~ 明日香村稲淵の綱掛神事
◇1/14  20:00頃点火 吉祥草寺 左義長(茅原の大とんど)
大宝元年から続く伝統行事。
雌雄一対の大とんどが作られ五穀豊穣が祈願されます。
県指定無形民俗文化財。拝観無料。
問合せ:吉祥草寺(tel:0745-62-3472)

◇1/14 21:00~22:00 念仏寺 陀々堂の鬼走り
室町時代から受け継がれている除招福の火祭り。
3匹の鬼が大松明を抱えて堂内をかけ回る。
国指定重要無形民俗文化財。拝観無料。
問合せ:五條市観光課(tel:0747-22-4001)
13:00~ 5人の僧による大般若心経転読がはじまる。
16:00~ 昼の鬼走り(無灯火)
16:30~ 福餅まき
19:00~ 息災護摩供(堂内)
19:30~ 柴灯護摩供(境内)
21:00~ 鬼走り(たいまつ点火)

◇1/14 18:00~ 信貴山朝護孫子寺 左義長納め札焼大とんど

◇1/15 8:00~16:30 大神神社 大とんど
◇1/15 10:00~ 石上神宮 古神符焼納祭

◇1/15 10:00~15:00 西大寺 初釜大茶盛式
直径30cm重さ7kgの大茶碗と長さ35cmの大茶筌を    
使って行われるお茶会。拝服料1000円(予約不要)。

◇1/15 唐招提寺 大般若転読法要 礼堂
600巻の大般若経を読んで天下泰平・国家安穏・家内安全等祈願
時間は今年はまだ未定なのでお問合せ下さい。(0742-33-7900)

※1月後半はまた後日にブログアップ致します。

2019年1月2日水曜日

毎日新聞 元日の奈良版に*

「ならまち・きたまち」が特集され紙面に取り上げていただきました。
平成の30年間を振り返る一つとして、平成の始まり頃から脚光を浴びるようになった「ならまち」と、ちょっと後発の「きたまち」。
案内人には、それぞれそこに住む「ならまち」は芸妓の大野菊乃さん、「きたまち」はちょうと平成元年から住む私に白羽の矢が当たり、取材中は「きたまち」への想いや、これからのことなど、奈良倶楽部や奈良倶楽部通信を離れたところで、たくさんお話をさせていただきました。
最終的には、きたまちのことも含めた奈良の情報をブログで発信しているところがクローズアップされた記事になっていますが、根底には奈良をもっと知ってほしい、こんなに素敵だよ美しいよとお知らせしたいという想いがあってブログを発信しているのだと、新聞を読みながら改めて思いました。
11年半、ほぼ毎日継続しているブログ発信。
時間のやりくりはともかく、自分自身に気力があって、対象となる奈良に魅力を感じてこそ、継続していけるのだと思います。
いつまでも奈良に対する探求心と好奇心を持ち続けて、深い深い奈良の素晴らしさをお伝えしていく一助になれますように。
ブログ奈良倶楽部通信もどうぞよろしくお願いします。
::
※記事はこちらで読めます→

2019年1月1日火曜日

初春のお慶びを申し上げます*

A HAPPY NEW YEAR 2019
皆様には健やかな新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
2019年*今年も奈良倶楽部をどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年はちょっとのんびり、1/6までお正月休みをいただいています。
お休み中も、ご予約メールやお電話はお受けしていますので、よろしくお願いします。
(お返事に迅速に対応できない場合もありますが、どうぞご了解下さい。)

2018年12月30日日曜日

今年も一年、どうもありがとうございました*

今年もたくさんの方にご宿泊いただきありがとうございました。
新たなご縁をいただいたり、一年に何度もお越しいただいたり、久しぶりに思い出してご宿泊下さったり、お客様方からのあたたかな励ましに支えられて今年も奈良倶楽部を続けることができました。
本当にどうもありがとうございます。
来年春には新しい元号となり、平成最後の大晦日、来る新春は平成最後のお正月・・・奈良倶楽部オープンが平成元年であることから、丸々平成の30年間を共に歩んで参りましたので、感慨深く色々思い出すことも多々ありの平成最後の年の瀬ですが、それでもこうして年の暮れに一年を振り返って、仕事と暮らしの中で、心を引き締めたり新たな気持ちになったり、感謝の気持ちで満たされたりしております。

トップの画像は、10月中旬に大神神社境内の「大美和の杜」に登って大和三山を眺望し、夕方のオレンジに染まる空とやわらかな陽光を浴びながら撮影したもの。
ブログを通して、奈良の美しい風景や自然をお届けしたいと思いながらも、仕事があるとそうそう叶いません。でも時々ですが、自分自身も満たされながら美しい風景をお届けできると嬉しかったりします。
限られた行動範囲の中でのブログアップになっていますが、今年も一年ご愛読いただいてどうもありがとうございました。

それでは皆さま、どうぞ佳いお年をお迎え下さい。
2019年、新しい年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年12月29日土曜日

「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」宿泊プラン*

奈良倶楽部宿泊者特典として、下記の講座について500円の割引きと「大立山てぬぐい」のプレゼントが付いています。

特典付きの講座は・・・
「地域に根付く信仰を伝える写真とことば 神饌からひもとく奈良の祭り」
『神饌 供えるこころ』著者が奈良大和路の祭りを語ります。
1500円を1000円

◆「奈良時代に生きた若者たち ─ 平城京式部省大学寮を識る ─」
平城京を舞台にした小説の作家と発掘調査をした研究員による対談
2000円を1500円

「古から今へ、こころとからだを救うということ~中将姫と薬草の奈良をめぐって」
中将姫伝説の残る當麻寺と、中将姫が伝授したという薬を作る株式会社ツムラの対談です。
1500円を1000円

◆「南都の寺のお坊さん講話」
・藤原不比等と興福寺 興福寺 夛川良俊師
・称徳天皇と四天王 西大寺 笹尾正憲師
・元興寺創建千三百年を振り返って 元興寺 辻村泰道師
対談!鑑真和上、律宗のことからお坊さんの暮らしまで 唐招提寺 松浦俊昭師
・幻の大寺~日本初の天皇立寺院、大安寺概説~大安寺 河野裕韶師
・東大寺の冬の行事~修二会を中心に~ 東大寺 佐保山曉祥師
各回 2000円を1500円

※講座への申込みは奈良倶楽部から申込みますので、ご希望の講座名をお知らせください。(→ktnaraclub@gmail.com)
※すでに、WEBから申込み済みの方はそちらをキャンセルして、宿を通して申し込みますので、お知らせください。
※宿泊者特典は、奈良倶楽部ご宿泊のお客様と「ホテル サンルート奈良」「松前旅館」にご宿泊のお客様でご利用いただけます。
※奈良倶楽部ご宿泊料金はこちらを参照ください。
1/25(金)はオフシーズン料金・1/26(土)は平日料金です。

(トップの画像は『神饌 供えるこころ』より)

2018年12月28日金曜日

「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」 講座ご案内③

ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」の講座をブログでご案内しています。
講座ご案内に続いて第3弾は「南都の寺のお坊さん講話」!
「南都の寺のお坊さん講話」開催日は、すべて1/27(日)です。
会場は「天平うまし館 tokijiku kitchen 平城京」
参加費は各回2000円/おやつ飲み物「アイスコーヒーの靴下」付き
定員、各40名。

1/27当日の時間と講師、講話内容は・・・

◆ 11 時~ 11 時40 分
「藤原不比等と興福寺」
講師:興福寺 夛川良俊師
内容:平城京遷都の立役者、藤原不比等が建立した興福寺。
不比等を中心とした興福寺の成り立ちから、2018年の中金堂再建に至るまでのお話を教わりましょう。

◆ 12 時~ 12 時40 分
「称徳天皇と四天王」 
講師:西大寺 笹尾正憲師
内容:称徳天皇が、恵美押勝の乱の戦勝を祈願し四天王像を安置したことにはじまる西大寺四王堂。四天王像にかけられた天皇の思いと西大寺について伺います。

◆ 13 時~ 13 時40 分
「元興寺創建千三百年を振り返って」 
講師:元興寺 辻村泰道師
内容:2018年は元興寺創建千三百年の年。元興寺ではさまざまな慶讃行事が執り行われました。その1年を振り返り、奈良時代から続く元興寺の歴史を紐解きます。

◆ 14 時~ 14 時40 分
「対談!鑑真和上、律宗のことからお坊さんの暮らしまで」
講師:唐招提寺 松浦俊昭師
内容:鑑真和上はどんな方? 律宗ってどんな宗派?という問いや、お坊さんの暮らしの不思議。素朴な疑問・率直な質問にお答えいただく気さくなQ&A式対談。(※対談相手は決まり次第お知らせします)

◆ 15 時~ 15 時40 分
「幻の大寺~日本初の天皇立寺院、大安寺概説~」
講師:大安寺 河野裕韶師
内容:度重なる移転と寺の名前の変更を経て、平城京遷都後に大安寺となり、奈良時代には国家筆頭寺院として栄えた大安寺。創建時から現在までの変遷を辿ってみると。

◆ 16 時~ 16 時40 分
「東大寺の冬の行事~修二会を中心に~」
講師:東大寺 佐保山曉祥師
内容:奈良に春を呼ぶ行事「東大寺修二会」。練行衆の目線で語っていただく修二会の意味と魅力とは。
::
トップの画像は、「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」の新しくできた冊子の表紙です。イベントの詳細やあったかもん、伝統芸能、wsや講話の情報などなど、まつりの全容が掲載されています。
WEB版で見ることもできます→
特に、あったかもん(奈良県下39市町村の特産品やあったか献立)や、伝統芸能が冊子にまとまって見やすいですね。是非ご覧くださいね。
::
そして、ちょこっとお知らせ!
今回の「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」には、県外からもたくさんの奈良好きさんがお越しくださいます。奈良倶楽部にもこのお祭りを目的にご予約して下さって、どうもありがとうございます。
ご宿泊して下さる方のために、一部の講座で割引特典が付きました。
詳細は明日のブログでご案内致しますので、よろしくお願いします。

2018年12月27日木曜日

「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」 講座ご案内②

先日のブログでご案内したイベントに
あらたに2件の講座が追加されました。

◆「奈良時代に生きた若者たち-平城京式部省大学寮を識る-」
内容:平城京式部省大学寮を舞台とした歴史小説『孤鷹の天』作者の澤田瞳子氏と、同寮の発掘調査に携わった杉山洋氏による対談。『孤鷹の天』より、澤田氏が選んだ一節の朗読も行います。
日時:1/27 11:00~12:30
参加費:2000円
定員:180名
申込み:http://nara-experience.com/detail/index/363

◆「古から今へ、こころとからだを救うということ-中将姫と薬草の奈良をめぐって-」
内容:中将姫伝説の残る當麻寺中之坊院主・松村實昭師と、中将姫が伝授したという薬を作る株式会社ツムラ執行役員・村田亮市氏の対談。
中将姫ゆかりの寺・當麻寺中之坊は日本最古の和漢薬「陀羅尼助」発祥地の一つ。ツムラが創業以来作り続けるのは中将姫が伝授したとされる薬「中将湯」。姫がもたらした癒しの神髄に思いを馳せて。
日時:1/27 13:30~15:00
参加費:2000円
定員:180名
申込み:http://nara-experience.com/detail/index/372
::
ところで、予約有料企画参加者には、ちとせ祝ぐ寿ぐまつりオリジナルグッズ『アイスコーヒーの靴下』がもれなくプレゼントされるのですがこれがまた可愛いのです!(プレゼントの色はランダム。)
靴下生産量日本一の奈良県広陵町で、奈良県の鳥こまどりをデザインしてつくられたもので、アイスコーヒーだけでなく、ホットコーヒーや、暖かいペットボトルにも使えます。

当日は「珈琲の香豆舎ブース」でも販売されています(800円)が
是非、有料企画に参加して可愛いくつしたをgetしてくださいね!

2018年12月26日水曜日

1月のお出かけ情報②~秘宝秘仏公開


◇1/1~1/3 10:00~16:00 霊山寺薬師三尊特別公開
かや材一木造りで62cmの薬師如来が公開。
脇侍の日光・月光菩薩の光背には十二神将が描かれている。

◇1/1~1/3 9:00~17:00 慈光院鳴き龍 本堂絵天井特別公開

◇1/1~1/3 法隆寺「舎利殿・絵殿特別公開」
南無仏舎利を納める南無仏舎利塔は13:00〜14:00の間参拝可能。

◇1/1~1/3  9:00~16:00 聖林寺秘仏・宝蔵天、弁財天特別開扉

◇1/1~1/10 9:00~16:00 信貴山朝護孫子寺毘沙門天王秘仏御開帳
※祈祷中は拝尊できませんのでご注意下さい。

◇1/1〜1/3 薬師寺国宝・吉祥天女画像特別公開
◇1/4~1/15 薬師寺平成の吉祥天女像」が公開。
◇1/1~1/8「玄奘三蔵院伽藍・大唐西域壁画殿特別公開

◇1/1~1/15 9:00~16:00 喜光寺宇賀神特別開帳
毎年7月の暁天講座の時にだけ公開されていた、人頭蛇身の姿の宇賀神がこの時期にも特別公開されます。

◇1/1~1/15 10:00~16:00 浄瑠璃寺秘仏吉祥天女像特別開扉
◇1/8~1/10 10:00~16:00 浄瑠璃寺「大日如来特別公開
1/1~1/31/8~1/10  10:00~16:00 浄瑠璃寺「三重塔特別開扉」

◇1/1~1/31 9:00~16:30 石光寺弥勒堂開帳

◇1/1~1/31 松尾寺「松尾山七福神開扉」「大黒天念持仏公開」
1/1は0:00~17:00 1/2~1/5は8:00~17:00
1/6~1/31の平日は9:00~16:00、土日祝日は8:00~17:00

◇1/1~2/28 8:30~16:30 談山神社「新春特別公開」

◇1/1~2/28 9:00~17:00 當麻寺中之坊布袋尊百童子屏風ご開帳
◇1/16 9:00~17:00 當麻寺中之坊「導き観音ご開帳
※當麻寺の金堂および講堂では正月に修正会が厳修されます。
秘仏の牛王像が祀られる期間は一般の入堂できないため、拝観ができません。拝観不可の期間は以下の通りです。
・金堂:1/1・1/2の終日と1/3の午前中まで拝観不可
・講堂:1/4・1/5の終日、拝観不可

◇1/6~2/28 8:30~17:00 壷阪寺「本尊御前立秘仏厄除観音ご開帳」

◇1/15~2/4 9:00~16:30 西大寺 「愛染明王/聚宝館」特別公開

2018年12月25日火曜日

1月のお出かけ情報①~初詣と寺社新春行事

奈良県内の寺社で行われる越年行事や初詣、お正月の伝統行事など
奈良倶楽部にご宿泊のお客様にお奨めしやすいところをご案内致します。(同じ寺社での行事はまとめて紹介しています。)
また、県内の社寺新春情報はこちらもご参照ください。

春日大社「初詣」
・1/1は0時~20時 1/2、1/3は6時30分~19時が開門時間です。
・1/1  5:00 歳旦祭 摂末社巡拝 (※拝観は不可)
・1/2 10:00〜「日供始式並興福寺貫首社参式
神仏習合時代の神前読経が偲ばれる珍しい行事です。
・1/3 11:00〜「神楽始式」
御巫により本社中門前で神楽が奉納されます。
・1/4、1/5の開門時間は6時30分〜18時です。

◇東大寺「大仏殿無料拝観
・1/1 0:00~8:00
大仏殿中門を開扉。鏡池付近では「とんど」
中門内側大仏殿参道両側の水路では篝火が焚かれます。

◇東大寺二月堂「観音経読経
・1/1 0:00
鏡池辺りの参道から二月堂まで135基の石灯籠に灯が入ります。
またこの時から3日間、二月堂内では万灯明を灯しています。
・1/3と1/5 10:00~ 「大般若法要」
11:00~13:30 お雑煮ふるまい(万灯明、お鏡餅の申込み者)

興福寺「新春護摩祈祷」
・1/1~1/3 14:00頃~ 南円堂そばの不動堂にて(要申込)
・1/1~1/7 中金堂安置「厨子入り木造吉祥天倚像」ご開帳
・1/2 「春日社参式

護国神社「御火焚祭」
・12/31 から1/3まで
除夜祭の後、浄暗の中、県下一の「大とんど」に点火( 23:30点火)
天高く立ち上る炎のもとでの年越し。
・1/3 11:00〜新春祈願祭 祭典後、古式包丁式を奉納
「大とんど」は3日間絶えることなく燃え続けます。
三が日の参詣者には白神酒が振舞われます。

大安寺除夜の竹明かり
・1/1 0:00~
除夜の鐘の響きとともに、本堂では大般若会が修されて
松三宝昆布挟みの儀が執りおこなわれ
護摩堂では越年の護摩が焚かれます。
また境内には108本の竹明かりが灯されます。
・1/1~1/3 9:00~16:00「修正会」

元興寺
・1/1 0:00〜「修正会」
・1/1   9:00~ 五重小塔前にて立身出世祈願

唐招提寺修正会
・1/1 0:00~ 修正会護摩供
・1/3 18:00~ 修正会護摩供 餅談義

薬師寺修正会 吉祥悔過法要
・12/31 23:45~ 「国宝吉祥天女画像」を本尊として金堂にお祀りし、一年の吉祥招福などを祈願する法要。
(771年より1000年を超えて続く法要)
・1/1~1/3 13:00~ 一般の参拝も可

霊山寺修正会
・1/1 0:00~5:00(奥の院、本堂、弁天堂)17:00~(本堂)
・1/2・1/3 17:00~(本堂)
・1/1~1/3 10:00~16:00 聚楽殿にて初福茶
・1/1~1/3 10:00~16:00「本堂薬師三尊の特別開扉

帯解寺修正会
・1/1 0:30~2:00

率川神社「御神火拝戴祭」
・1/1 0:45~
本社・大神神社の繞道祭の御神火を受けて大松明に点火。
火縄に移して家庭に持ち帰り新年の火種にしていただきます。

大神神社繞道祭にょうどうさい
・1/1 1:00~
拝殿奥・ご神体山三輪山でご神火が切り出され(0:00)
灯篭から大松明と火が移され
三輪山麓の摂社末社18社を大松明を担いで巡拝する。

石上神宮「新春初太鼓 神火祭」
・1/1 0:00〜
・1/1 5:00〜「歳旦祭」

信貴山朝護孫子寺「修正会」
・1/1〜1/3 17:00〜本堂にて
一山総出仕により、うるしの木を打つ行事はダイナミックです。
・1/1〜1/10 9:00〜16:00 「毘沙門天王秘仏御開帳」
・1/5 4:00「新年初寅」

宝山寺「初聖天」
・1/1 0:00~7:00 1時間おきに秘法の不動護摩が焚かれる
・1/1〜1/3 福財布の授与
・1/1〜1/15 午前中〜14:00 新年特別祈祷会

松尾寺「七福神祭」
・1/1 0:00~17:00  1/2~1/6 8:00~17:00
   1/7~1/31 9:00~16:00(日祝は8:00~17:00〉
・1/3 10:00~歳旦祭(松尾山神社にて)神楽奉納も。

長谷寺 「観音万燈会 」
・12/31 19:00〜 1/1 5:00
仁王門から登廊、本堂に明かりが灯ります。
・1/1~1/3は17:00~20:00(登廊 釣り灯籠のみ)
※大晦日16:30より1/3までは入山無料

法隆寺「舎利講」
・1/1~1/3 13:00~(夢殿北、東院舎利殿にて。参拝可) 

聖林寺「新春特別公開」
・1/1 ~1/3 「秘仏宝蔵天・秘仏弁財天特別開扉」(通常拝観料要)

橿原神宮 「新春行事」
・1/1 0:00 初太鼓 6:00~歳旦祭
・1/1~1/7 9:00~17:00(3日は正午から)「御垣内特別参拝」
・1/3 10:00~ 元始祭
・1/1~1/7 9:00~日没 開運招福健康延寿新春初神楽祈祷

大和神社 「新春行事
・1/1 2:30~「歳旦祭」
・1/1 14:00~「御神楽祭」
・1/3 10:00~「元始祭」
・1/4 13:00~ 「御弓始祭」
※「御弓始祭」祭典前(11:50)から参拝者にぜんざいの接待あり。
(500食限定で、無くなり次第終了。)

談山神社「新春行事」(1/1~1/3:入山無料・内庭特別参拝)
・1/1 0:00 開門、初太鼓
・1/1 10:00~「元旦祭」
・1/2 13:00~「神楽式 談山翁」
・1/3 9:00「元始祭」11:30「福禄寿大神新春大祭」

金峯山寺蔵王堂「新春行事
・1/1 0:00~ 蔵王堂内で初護摩供 
・1/1~1/3 11:00~ 修正会 

正暦寺修正会
・1/3~1/5 13:00~16:00
年頭祈願、五穀豊穣を祈る薬師悔過法要。
正暦寺に古くから伝わる独特の声明によって法要を勤修。

◇1/5 10:30~ 率川神社阿波神社「初戎祭」
奈良市内最古の夷さま。吉兆福笹授与、お神酒・甘酒の振舞い有り。
(1/4 15:00 宵戎祭)

◇1/5 7:00~ 南市恵毘須神社「初戎 」