ページ

2018年7月22日日曜日

奈良博「糸のみほとけ」展へ*

「糸のみほとけ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―」
當麻寺「国宝 綴織當麻曼荼羅」の修理完成を記念し、綴織と刺繡による仏の像を一堂に集めた特別展です。
出展点数は国宝9件、重要文化財35件を含む138件とすごいボリュームで、刺繍が至近距離で見られるように、展示ケースのガラス面ぎりぎりに作品を置くという工夫が全てにされています。
ガラス越しですが、刺繍糸の一本一本、また刺繍を施した下地の布地の織り柄まですごくクリアに鑑賞できるのです。
飛鳥時代の刺繍「天寿国繡帳」は今までに何度か観ているのですが、今回はその展示の仕方が素晴らしくて、またこんな見方は二度とできないかもしれないと思いました。
それぞれの展示物に、詳しく丁寧なキャプションがついているのも、いつもの奈良博ならでは。毎回、奈良博の展示物に対する愛を感じて、その展覧会を鑑賞するのが楽しいのでした。
今回の展覧会では、いつもの出口が入口になり↓、入口のところが出口になる↑という構成で、中の展示室の使い方もいつもと違って、それがまたとても新鮮でした。
さて、いつもの鑑賞記ですが、取敢えずは強く印象に残ったところをピックアップしてみます。
展示物の量が多すぎて、実はあまり消化できていないのです。
(普通に鑑賞していて3時間はかかると思って下さい。)

会場の構成は・・・①西新館の北側展示室では
「天寿国繡帳」「綴織當麻曼荼羅」「刺繡釈迦如来説法図」の国宝3点が一堂に会して、それはそれは見事。圧巻でした。
聖徳太子が往生した世界を刺繡で表した「天寿国繡帳」↑は、鎌倉時代に模本が作成されました。江戸時代に、新旧の繡帳は断片化しており、飛鳥時代のものと鎌倉時代のものの断片を貼り交ぜた状態で一幅の掛物としたのが、この現在のもの。  
この中で、刺繡糸の美しい残欠の方が飛鳥時代のもので、茶色に退色した刺繡片の方が鎌倉時代のものというのも面白く、1400年も前の刺繍糸の色鮮やかさにも感動します。
併せて「天寿国繡帳」の刺繍断片もたくさん展示されていましたが、刺繍を施していない布地が摩耗して刺繍片が残るということで、この展覧会の趣旨である「一針一針に込めた祈りの刺繍」から話は飛びますが、布に刺繍を施すことによって布地を強くするという、アジアやアフリカに残る刺繍に通じる目的を感じました。
「綴織當麻曼荼羅」↑は奈良時代に中将姫様の祈りによって、蓮糸を使い一晩で織り上げたと伝えられる約4m四方の曼荼羅。
初めて目にした「綴織當麻曼荼羅」原本。
まさか一晩で織り上げられたとは思いませんが(部分復元模造を川島織物が製作されて、そこから計算しても8年はかかるだろうとのこと)、中将姫様の強い祈りが1200年以上の時を経て今に伝わっていることを思うと何ともいえない感動を覚えました。
「刺繡釈迦如来説法図」↑は、古代の繍仏で最も大きく完成度の高い作品。刺繍の技法は、馴染みのある鎖繍がメインと知って、よくよく眺めてにんまりしたり。
法隆寺金堂壁画六号壁に描かれている菩薩と近似の菩薩もあり、制作年代が飛鳥時代後期に遡る可能性もあるのだとか。
それにしても、古代の刺繍技術の素晴らしさ!そして、我が国最初の仏が刺繍であったことや、繍仏が古代には盛んにつくられていたことなども、この展覧会で初めて知ったことでした。
大英博物館からは、敦煌で発見された繡仏「刺繡霊鷲山釈迦如来説法図」↑が!日本初公開だそうですが、お隣に展示の「刺繡釈迦如来説法図」と見比べて鑑賞する贅沢も堪能できました。 

会場の構成②西新館の南側展示室は
平安時代から鎌倉時代の繍仏と、中国の繍仏が一堂に。
歴史的に見て、平安時代は綴織の仏(織成像)や繍仏が急激に少なくなり、仏画の製作が盛んになった時期。
鎌倉時代になると、また繍仏の作品数が飛躍的に増え、作品は小型化するが工芸的な美を極めた繍仏が登場し、再び繍仏の黄金期を迎えます。
また、中国の繍仏のコーナーでは、知恩院蔵の「刺繡九条袈裟貼屛風」↑の意匠が見事でした。

会場の構成③東新館の展示室に入った途端に目に飛び込むのは
京都・真正極楽寺の「刺繡當麻曼荼羅」↑
江戸時代に、綴織當麻曼荼羅と同寸で表された大幅の繡仏。
金糸をふんだんに用い、眼と白毫には水晶を嵌めて、江戸時代の様々な刺繍技法が施された當麻曼荼羅。展示の仕方も素晴らしくて、離れがたいものがありました。
真正極楽寺(真如堂)では、普段非公開のものですから、もう一度ゆっくり拝見てみたいと思います。

東新館では、美しい中将姫坐像がお迎えくださいます。
そして、髪の毛を繍い込んだ「阿弥陀来迎図」や「阿弥陀三尊の種子(梵字)」の数々。
「阿弥陀来迎図」では、如来の螺髪と菩薩の髪、衣の一部を髪の毛で刺繍しているものがほとんどで、おそらく、この髪の持ち主の極楽往生を願って、仏の一部に髪を繍い込んだのではと考えられています。
たくさんの髪繍が一堂に集まった会場。黒々とした髪の毛が今も色褪せずに発色している様子に、追善供養や祈りの気持ちを理解しながらも、個人的にはちょっと苦手と、最後のコーナー、近世・江戸時代の繍仏のところに来て、ほっとしたこともカミングアウトしておきます。
こうして飛鳥時代から江戸時代までの繍仏を見ていくと、各時代ごとの刺繍技術の変遷もよくわかってたいへん面白かったです。特に江戸時代になると、もう現代そのものという感じなのですね。
::
とにかく出展物のボリュームがすごくて、予定していた時間では足らず、後半は駆け足で鑑賞してしまいましたので、8/7以降の後期展示にもまた行かなくてはと思っています。

「糸のみほとけ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―」
会期:7月14日(土)~8月26日(日)
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日:毎週月曜日(ただし7/16・8/13は開館)
開館時間:9時30分~18時
※毎週金・土曜日と8/5~8/15は19時まで
※入館は閉館の30分前まで
その他に:
※7/24(火)10時より、会場の「綴織當麻曼荼羅」の前で
當麻寺中之坊の僧侶により蓮華会を勤行します。
(蓮華会は旧暦6月22日の夜から23日の朝にかけて中将姫が當麻曼荼羅を織ったのにちなみ、7月23日に當麻寺本堂の當麻曼荼羅の前で行われます)
※7/28(土)7/29(日)は小中学生無料デーです。
※公開講座や関連イベントもこちらからご覧ください

2018年7月20日金曜日

當麻寺で称讃浄土経お写経とイベントのご案内

先日、當麻寺中之坊にて、中将姫のものと伝わる「称讃浄土仏摂受経」3回目のお写経をしてきました。(ブログ過去記事:1回目 2回目
今回も誘っていただいて、倉橋みどりさん、生駒あさみさん、伊藤多恵さん達と一緒に伺いました。月に一度のペースで、皆さんは今回4回目のお写経になり、私は約2か月ぶりの参加です。
「お写経カード」も作っていただきました。15回を続けるモチベーションが高まって嬉しいです。頑張ろう!
中将姫さまの少し癖のある文字、一回目はちょっと悪戦苦闘しましたが、3回目にしてようやく、お経に書いてある内容にも心が向かうようになりました。
毎回思うことですが、奈良時代に書かれた文字を写す…という得難い体験から、何年も前の方なのに中将姫さまを身近に感じることができ、ある部分では今と変わらないのだ、千年以上の時間は連綿と今に繋がっているのだと思うのでした。
訪れるたびに季節のお花が咲き誇って、今回は木槿が満開でした。
ご本堂の前の蓮池にも、蓮の花が少し咲いていました。
蓮の花といえば・・・中将姫様は蓮糸を使い一晩で當麻曼荼羅を織り上げられたと伝わっています。
その、中将姫様の織られた當麻曼荼羅の材料とされる蓮糸が、この蓮池の蓮から使われたと伝わる「角刺つぬさし神社」へもお参りしました。
ちょうど一輪だけ咲いていた蓮の花。
何とも有難い気持ちで、この後、お写経に臨んだのでした。
::
さて、中将姫様が織られたとされる奈良時代の「綴織當麻曼荼羅」(国宝)の修理完成を記念して、先週末より、奈良国立博物館では、綴織と刺繡による仏の像を一堂に集める特別展「糸のみほとけ」展が開催されています。(8/26まで)
::
また、8/18(土)には『中将姫さまを想う~ようこそ、称賛浄土経の世界へ~』という講座が、當麻寺中之坊・松村實昭師を招いて「天平いざない館」で行われます。

「中将姫さまを想う~ようこそ、称賛浄土経の世界へ~」
開催日:8/18(土)11:00~12:30(講座)
会場:天平いざない館 多目的室
講師:當麻寺中之坊 松村實昭師/生駒あさみ/倉橋みどり
参加費:2500円
特典:中之坊拝観券 / オリジナルお写経用ミニトートバッグ
希望者のみ講座後、称讃浄土経1回目のお写経(13:00~14:00/別途1500円)
申込み:こちら
奈良時代の伝説の女性、中将姫様をご存知ですか?
深く信じるこころ、決断力、芯の強さなど、いまの私たちからみても魅力的な女性です。その中将姫様が千巻写したのが、称讃浄土経です。今回の講座では、その称讃土経とはどんなお経なのかについて、當麻寺中之坊・松村實昭師をお招きし、わかりやすくお話しいただきます。
::
お写経に通っているうちに、もっと中将姫さまについて知りたい学びたいと思うようになってきましたので、ベストタイミングな企画に早速申し込んでみました。

2018年7月19日木曜日

春日大社御創建1250年奉祝行事*

今年、春日大社は創建1250年を迎えます。
これを記念して、9/15~9/24には多くの奉祝行事が行われます。
日付順に簡単にご案内します。詳細はこちらをご覧ください。
◆9/15 17:00~18:30
『古事記「船と琴」朗誦と舞踊による奉納』
場所:林檎の庭 / 拝観無料

◆9/16 18:00~ / 19:10~
『出雲神楽奉納』
場所:直会殿 / 拝観無料

◆9/15~9/17 18:30~21:00
『奉祝万燈籠』
場所:境内一円 / 拝観無料

◆9/16・9/17 11:00~17:00
『春日野音楽祭』
場所:春日大社境内・奈良公園・JR・近鉄奈良駅前 / 入場無料

◆9/18 10:00~ / 13:00~
『花山院宮司とめぐる水谷九社めぐり』
事前申込制・各回50名・先着順 / 初穂料1500円

◆9/19 9:00~13:00
『御蓋山・本宮神社特別登拝』
事前申込制・定員100名・先着順 / 参加費10000円

◆9/20 13:00~17:00
『春日鹿曼荼羅を描こう』
事前申込制・定員50名・先着順 / 参加費3000円
※9/29・10/20(親子向け)10/8(大人向け)で同様に実施

◆9/21 『御創建1250年奉祝祭』
招待者のみの参列となります。

◆9/22 10:00~『奉祝舞楽奉納』
場所:林檎の庭 / 拝観無料

◆9/22・9/23 12:00~18:00(受付は17:30まで)
『御本殿特別参拝無料開放』

◆9/24 17:00~『采女祭』
場所:猿沢池 / 拝観無料

事前申込の行事に参加希望の方はFAX0742-27-2114へ(9/7締切)
::
御創建1250年奉祝記念行事のサイトを見ていましたら・・・
*末社「龍王社」が約140年ぶりに再興され8/9より参拝できます。
*開運招福「水谷九社めぐり」が9/1より始まります。
・・・などのニュースも!
御創建1250年を祝ってどこかでお参りに伺いたいですね。


2018年7月18日水曜日

9/8「東大寺音舞台」

UNESCOの世界遺産「古都奈良の文化財」登録20周年を記念して
9/8(土)19:00~大仏殿前にて「東大寺音舞台」が開催されます。
この奉納演奏会にペア1000組、2000名様がご招待されます。
詳細は「東大寺音舞台」HPをご覧ください。
HPからの申込みはこちらから(応募締切りは8/19  12:00)
出演者はこちらをご覧ください。

2018年7月16日月曜日

「きたまちディスカッション」レポ*

きたまちweek最終日は地元の小学校(ご存知の方も多いですが、明石家さんまさんの母校でもある)で「きたまちディスカッション」と「きたまちふれあいマーケット」が行われ、猛暑日の中、多くの来場者で賑わいました。
マーケット出店などで、会場の様子を聞けなかった方も多いので、簡単に「きたまちディスカッション」の内容を、「グラフィック・レコーディング」さんのイラストを借りながら、レポ致しますね。
笑顔が素敵なこの方、同時通訳のような感じで、ほぼ同時進行で会議の内容をイラスト化していって下さいます。3時間半の間、途切れない集中力は凄く、すっかりファンになってしまいました。

オープニングトークは奈良女子大学・寺岡伸悟教授による「地域をデザインする方法」です。まずは、寺岡先生にとっての「きたまち」をイメージするモノや場所を、撮影してきた写真で紹介されました。
職場がきたまちで、お住まいは紀寺の寺岡先生にとっての「きたまち」のイメージは・・・会所があって、自治会ごとに地域の祭りがあるところ。町中の通りから見える大仏殿・聖武天皇陵・転害門・鍋屋交番・初宮神社などなど。
そして、「きたまち」エリアの各町内の人口比率を男女別・年代別にグラフで示して、少子高齢化はしているが、全て逆ピラミッドではないという現状を紹介。
ここで、65歳以上の人口が半分以上という千葉県柏市布施新町の事例を紹介。町の特徴をつかみ、将来を自分たちで考える取り組みを支援しているのは「東大高齢社会研究機構」で、月に一回みんなでアイデアを出し合って実現していこうとされています。
その手法として、町の中に「あったらいいな」ということを赤い紙に書く。町の中にある「もったいない(例えば使っていないモノや場所や人)」を青い紙に書く。その二つで結びつくものがないか考える。・・・ということをされていて、休憩時間中に、私たちも考えて書きだしたりしました。
次に、きたまちについての質問があり、Yesの人は赤い紙を挙げる、Noの人は青い紙を挙げるという時間があり、中々興味深い結果が出たりしました。
質問事項は以下の通り、この会場に来ている人の中で
①きたまちに住んでいる人・・・半々くらい。
②その中で5年以内に引っ越してきた人・・少ない。
③五年後もきたまちに住んでいると思う人・・一人を除いて全員がYes
④きたまちが好きですか・・・全員がYes
⑤きたまちは賑わってるか、廃れてきているか?・・・半々くらい。
⑥ならまちを意識しているか?・・・していないが多い。
⑦きたまちという名前に違和感があるか・・・いいえが多い。
⑧きたまちはこのままでいい・・・いいえが多い。
⑨きたまちは変わる必要があるか・・・はい が多い。
⑩家の将来を親子で話したことがあるか・・・いいえが多い。
このような質問をきっかけに、まずみんなで話し合うという「集落点検」が大事というお話で寺岡先生の講演は終わり、休憩時間を挟んで
第二部は、奈良きたまちweek実行委員会・倉橋みどりさんの司会進行で、パネラー4人の方が「奈良きたまちのこれまでとこれから」というお題でディスカッションでした。
パネラーは、てんかつ会長・和束海治郎さん、なべかつ会長・八木冨造さん、南都銀行手貝支店支店長・乾岩和さん、奈良市観光経済部奈良町にぎわい課長・徳岡健治さんで、それぞれ「きたまちへの想い」をお話くださいました。
少し欲を言えば、パネラーの皆さんの年齢層が高かったので、若い人にとってや、これからの未来を考える上では、もう少し若い、きたまちで仕事をしている方のお話も聞ければよかったのではと思いました。
各人の話された内容は、上の写真↑のそれぞれの似顔絵の上に書かれています。(この似顔絵がとっても似ていて、また、お話の内容も的確に把握されて、グラフィック・レコーディングさん、本当にすごい!)
「5年後のきたまちがどんな町だったらいいか」という質問に対しての、パネラーの皆さんの答えも上の写真↑を参照してください。
会場の皆さんからも意見が活発に出ました。私は、電線地中化推進と、街灯をもう少し明るくしていただきたいと提案しました。
最後に、休憩時間中に皆さんに書いてもらった「あったらいいな」と「もったいない」を紹介されて、
今日のディスカッションで出た話題を気軽にみんなで話し合う場を持ちましょう・・・と締めくくられました。
きたまちに住んで、この町が好きで、この先もずっとここに住んでいたいと願う者にとって、あらためてこのような場に参加することで大いに刺激を受けた3時間半でした。ありがとうございました。
::
会場の外では、きたまちにお店を持つ皆さんによる「きたまちふれあいマーケット」も賑やかに開催されていました。

厳しい暑さの中、足を運んでくださった皆さん、出店者の皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

2018年7月15日日曜日

「きたまちディスカッション」でグラフィック・レコーディング

明日7/16(月・祝)13:00より鼓阪小学校講堂で開催の
「きたまちディスカッション」でグラフィック・レコーディング!
またまた聞き慣れない「グラフィック・レコーディング」なる言葉が飛び出してきましたが・・・
グラフィック・レコーディングとは、会議での議論や流れ、参加者の考えや発話をリアルタイムで視覚化し、参加者にわかりやすく伝える手法だそうで、明日の「きたまちディスカッション」でも、紙とペンをつかってイラストや図にまとめて下さるのだそうです。
「グラフィック・レコーディング」についてわかりやすく説明されている動画はこちらです。これ、ちょっと面白そうですよね。

それと、明日も会場では「きたまちふれあいマーケット」が開催!
鼓阪小学校講堂前で12時から16時頃です。
かき氷やお弁当の販売、そして焼き菓子も!
皆さま、是非お越しくださいね。
マーケットについてはこちら
Somi sweets&coffee … 焼き菓子とドリンク
NPO法人 この指とまれ21 … 我楽多市
母と子の貸切ひろば トラパレ … 「こども古着市」ALL300円(他レトロワンピなど)
とおく&らいぶ café 葉音 (ぱおん) … フェアトレードや障がい者支援商品、手づくり品の販売
ブタとエスプレッソと … かき氷
お食事処たちばな … とり天弁当、とり天単品、ふてもじ体験、ふでもじ作品販売
こひとみトマト … トマトの販売
ギャラリー 花matsuri(花の器・食の器ひろし)… 陶器、小物物販
アトリエリジッタ … mochiriさんのパンと和菓子、雑貨
マールイ・ミール … マトリョーシカキーホルダー絵付けワークショップ、物販
ミジンコブンコ …スパイス弁当
craft shop おりがみ(origami) … 物販、ステンシル体験

2018年7月14日土曜日

3連休の「奈良きたまち」界隈*

◆7/14(土)10:00~16:00「細田家住宅」一般公開
奈良倶楽部の斜め向かいにある「細田家住宅」
江戸時代初期から続く農家住宅を、きたまちweekに合わせて特別に公開します!見学無料・予約不要ですので、是非どうぞ!

◆7/15(日)10:30~「北山十八間戸で忍性菩薩顕彰法要」
詳細はこちらを参照してください。

「きたまちweek」の週末限定イベントをまとめました。
開催中のイベントなどはブログのこちら  をご覧下さい。
◆7/13~7/15「テガイハウス・日替わりモール」
「Nara yui 草履ミュール販売会」開催

◆7/13~7/15 11:00~17:00「轉害坊」
「Aldrich Jeffrey 個展」開催
「よそ者」が見た奈良市の魅力ある通りをスケッチしました。

◆7/14 11:00~16:00「Fu-ra」
「さほとりマーケット」開催

◆7/14・7/15 11:00~16:00「ギャラリー 花matsuri」
「陶器市」開催

◆7/14~7/16   11:30~17:00「あじあの薬膳おばんざい藍布」
台湾で人気の豆腐スイーツ「豆花」を豆や芋類具だくさんの藍布スタイルで提供(税込700円)数量限定のためご予約優先。

◆7/14~7/16 8:00~11:00「火と実coffee」
「きたまちweekだけのスペシャルモーニング」開催
通常営業時間は11:00~18:00

◆7/15  13:30~15:30「若草公民館」
「多聞城サロン 」開催
講師:元若草中学校教諭 北村雅昭さん

◆7/16  11:00~16:00「NORR coffee roasters」
オープンプレイベント「I NORR〜北に〜」開催

◆7/16  13:00~16:00「きたまちディスカッション

2018年7月13日金曜日

今年も奈良のかき氷はアツい!美味しい!

夏本番、厳しい暑さが続いています。
熱中症に気を付けながらもあまりの暑さに、お出かけ先でのクールダウンと称して、美味しいかき氷のお店に飛び込むことが多くなりました。
奈良のかき氷は、どこのお店も、氷のかき方やシロップの工夫も素晴らしくて、かき氷の概念が変わるくらい美味しいのです。何より、今まで冷たいものが苦手だった私のようなおばさんも、すっかりその美味しさにハマって、あちこち食べ歩きを楽しむようになっています。
ということで、ここ2か月の「myかき氷Collection」をどうぞ♪
イベントでかき氷を提供されている「morico」さん。今日7/13の17時から「祇園祭宵宮」の「きたまちマーケット」にも出店されますよ!
きたまちエリア「千壽庵吉宗」さんで、黒ゴマ餡にミルクシロップ、中にはわらび餅、トッピングにはライスパフ。
美味しさとともにお腹もいっぱいになるかき氷でした。
東大寺境内・鐘楼のそばの「鹿鳴園」さんのかき氷は和テイスト。
 「パパ・ド・ウルス」さんの桃がたっぷりのかき氷。
今年も6月~9月の期間限定で、お昼は「氷匠ルクレール」になるビストロ・ルクレールの月替わりのかき氷。上の二つは6月、下の二つは7月のかき氷です。フレンチシェフが作るかき氷の世界を堪能して、かき氷の概念が変わった人も多いと思います。
(写真左下がトウモロコシとチーズのかき氷です)
高畑・瑜伽神社前のイタリアンレストラン「梛の木」さんも、7月8月のお昼は、かき氷とワンプレートごはんということで、お昼に早速行ってきました。写真下の左が「白トマト」右が「レモンミルク」のかき氷。ワンプレートごはんは19時半までオーダーできるので晩御飯にも。
ランチと一緒にいただけるかき氷といえば、タイ料理の「RAHOTSU」さんも。ランチセットのデザートを+400円でミニかき氷に替えることができます。ランチタイムが終わった14:30からは普通のかき氷もいただけますよ。(久しぶりにいただいたタイ料理が美味しすぎる!)
こちらはきたまちの「あじあの薬膳おばんざい藍布」さんの薬膳かき氷「八宝氷」。里芋や緑豆、小豆などがたっぷり入って噛み応えのあるかき氷です。「藍布」さんもお昼のランチコースと一緒に氷のオーダーができますので、食後のデザートに是非どうぞ!
転害門前の「TEGAIMON CAFE」さんも、かき氷を始められました。新鮮なフルーツたっぷりのかき氷です。
ことのまあかり」さんの削氷は、奈良時代にゆかりのネーミングで楽しいのです。いただいたのは、今の季節限定のヤマモモたっぷりの「楊梅宮やまもものみや」。さっぱりとした酸味が暑さでダウンしそうな身体にしみますよ。

・・・ということで、7月前半までのかき氷食べ歩きレポでした。
まだまだ行きたいお店がありますので、また続きをお楽しみに!
::
そして、再度のお知らせです。
只今、奈良倶楽部では、超人気のかき氷店「ほうせき箱」さんのご好意で、整理券取得に並ばずに「ほうせき箱」さんのかき氷が確実に食べられる宿泊プランをご用意しています。(詳細はこちら
宿泊者限定のかき氷プラン、よろしければ是非ご利用くださいませ。
(すでにご予約済のお客様もご連絡頂ければこちらのプランにご変更させていただきます。)